忍者ブログ
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
(09/13)
(09/04)
(04/01)
(03/03)
(12/28)
カテゴリー
記事検索&拍手
ブログ内検索
web拍手

メッセ代わりにもどうぞ
里親という選択肢

犬様と出会ったところ

ペットのおうち
犬猫だけじゃありません
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

犬様注射と飲み薬で少し痛みは引いたのか
歩くときもたまに負傷した足を地面につけるようになりました
でもやっぱりひざがカクン、と抜けていて全く体重を支えられてません

痛めた足をかばってぴょこぴょこ器用に歩いてますが
いつもより疲れるからか 時々途方に暮れたような空白の表情になって立ちどまり
じいっと遠くを見ていることがあります
薬のせいもあるんだろうか

背中をそっとなでると我に返った風でMinをじっと見上げてくる
何か要求があるときにしてみせる「カワイイ」顔
痛いです、なんとかしてほしいです、と言われているようで切ない

散歩はやっぱり行きたがるのですがちょっとがまん な
トイレは外派の犬様 庭でトイレさせてます
体調が悪いときは前庭でおしっこしないんですよね
家の裏手でこそっとして自分で丹念に埋めてます^^;外部に不調を報せたくないらしい
こんな子初めて見たわ


今日紹介していただいた動物病院に電話して
今週末の予約を入れました まずは精密検査

薬で炎症を抑え、無理をさせずにいれば手術は必要ないのかもしれません
体重の軽い犬ならそうやってつきあっていく方法もあるそうです

犬様 今年で8歳

先代犬たちと暮らしたときのことを考えると
短くてもあと4年か5年くらいはボールやおもちゃに目を輝かせてくらいつき、
楽しい嬉しいときは庭をグルグル駆け回るでしょう 足が痛くなければ

できるだけ長く元気で楽しく暮らしてほしいというのがやはり一番
情報収集しつつ治療方針を家人と話し合っております
PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment

忍者ブログ | [PR]

(C)粗絵置き場 / ブログ管理者 Min
Blog Skin by TABLE ENOCH