忍者ブログ
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(04/01)
(03/03)
(12/28)
(05/05)
(04/19)
カテゴリー
記事検索&拍手
ブログ内検索
web拍手

メッセ代わりにもどうぞ
里親という選択肢

犬様と出会ったところ

ペットのおうち
犬猫だけじゃありません
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の車を持つようになって久しいけど、そういえば自分で運転して泊りがけの旅行ってしたことないな、してみたい!!と思い立ってブーンと行ってきました
1泊2日のひとり旅だったのですが2日間の走行距離は約800km、さすがにと、遠かったー!(((`ム´;)))

以下旅記、ちと長いです

一番の目的地は、愛媛の愛南町というところにある紫電改展示館

1945年に愛南町沖で沈んだ紫電改という戦闘機がその約30年後に発見され、引き揚げられたものが修復・展示されています 国内唯一の機体だそうです
去年大刀洗平和記念館で見たゼロよりもずんぐりしててひとまわり大きい印象 写真で見た時からプロペラのくるんが気になってたのですが、墜落の衝撃で曲がったのをそのまま残してあるそう
大刀洗と違って、基地や工場があったようなとこではないからか資料はやや少なめ でも大戦末期、故郷を離れ海に沈んだ兵士やそのご家族の心を汲もうというテーマが端々に感じられます ご家族の方の手記の展示が印象的でした

展示館は小高い場所にあって、うららかな春の海が眺められました

入り組んだ海岸線の突き出た岬と岬の間は狭く、引き揚げ時の映像でも流れていましたが沈んでいた場所はたぶん陸から泳いでいけそうなほどの場所
もしかしたら当時墜落に気づいた人もいたのかなあ…でもどうにもできなかったろう
その人の家族もまた、どこかの戦地に行っていたのかもしれない 自分の家族も、そんな風に亡くなるかもと思うとたまらなかっただろうな、無事で帰ってきたとしても、目の前で沈んだ人がいたことを言えただろうか、ずっとひそかに痛ましく思っていた人もいるのかなとか帰りの車中で想像していました

お宿は宇和島
晩ごはんは目に付いたお宿近くの居酒屋さんにて、お酒もご飯も美味しくて通いたいレベル…遠いよー!!
Min以外は常連さんぽい方々で、土曜の夜ということもあってかほぼ満席 お隣のカウンター席のお姉さんに勧められて食べた大羽のイリコほどのサイズのカタクチイワシのお刺身がたいへん美味しかった…!ほうたれ(頰が垂れるほど美味しい)イワシって言うそうな
宇和島名物鯛めしもメニューにあるねーと思って入ったお店だったのですが、ほかに気になるものありすぎておなかいっぱい食べて飲んだらすっかり失念してた^^;

2日目は、しまなみ海道通って大三島を折り返して帰宅ルート
途中、休憩&お土産買うために寄り道した松山空港にいたQ400 去年の福岡行で乗った飛行機、また会ったね…(´ω`*)


しまなみ海道入りする前にSAで一息入れてるときのショット

大三島のカフェでお昼をいただき、レモンまみれのかわいいお店でリモンチェッロを購入、伊予国一宮・大山祇神社を参拝して、行こうと思ってた場所完走しました!

週間予報見てあまりお天気良くないかも、と思ってたのがフタを開けてみれば1日目の夜ざあっと降ったのと、2日目高速道路移動中に長いトンネルを抜けたら霧がたちこめててビックリしたくらいで、天候に恵まれた旅でした 自分で運転して渡るの初めてのしまなみ海道も気持ちよかった…!
大山祇神社がちょっと駆け足で、博物館も見てみたいのでまた行きたいです お宿道後にしたらもうちょっとゆっくりできる
PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment

忍者ブログ | [PR]

(C)粗絵置き場 / ブログ管理者 Min
Blog Skin by TABLE ENOCH