忍者ブログ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
(09/13)
(09/04)
(04/01)
(03/03)
(12/28)
カテゴリー
記事検索&拍手
ブログ内検索
web拍手

メッセ代わりにもどうぞ
里親という選択肢

犬様と出会ったところ

ペットのおうち
犬猫だけじゃありません
某子さんの騒動のいろんな方面からのあれこれを見つつ

えらいセンセーが分厚い学術書で「これは〜で〜あ〜るからして〜〜〜」とかいうんじゃなく、
色んな立場のたくさんのひとが1つのことに対して色んな角度から自分の考えを一斉に述べ合う
それをまた他の人が取り上げて意見を述べるあの連鎖と広がり

そこだけ見ればこの状況とテーマってとても面白いなあと思ってしまった

'|'生をテーマにした芸術というと、ロバート・メイプルソープの写真を思い出します

私が最初にメイプルソープの作品を見たのってたぶん高校時代
美術館に展示されていたものだから大分ソフトなものなのだけど、それでも明らかに'|'生的なものがテーマだったからじっと見るのは少し恥ずかしかった
後で彼の写真集が税関でYせつ物としてひっかかったことがあると知って、うーん、やっぱりそういう扱いをされることもあるものなんだ…と思った次第

美術作品であってもヌードと工口は完全に切り離せるものではないけど
メイプルソープの作品をキレイだなあ、面白いなあと思ったし、それは'|'生的興味というただ一点と単純なイコールで結ばれる体験ではなかったと思う

現代の日本において、小学校のころから美術教育を受けて絵や彫刻のヌードを'|'生的な対象としてではなく観賞することに慣れているからでもあるだろうな とも思うのですが、でもまた「これはゲージュツだから恥ずかしくない!」とか言ってしまうととたんにうさんくさくなりますね(笑)

あと
映画とか漫画とかで「子供は見ちゃダメ」ってさっと目隠しされるようなシーンて好きなんだけど(笑)、そういうハプニングが最初から誰かの意図で排除されてたらつまらないなーとは思った
いやつまるつまらんの問題じゃないんだろけどね^^;
PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment

忍者ブログ | [PR]

(C)粗絵置き場 / ブログ管理者 Min
Blog Skin by TABLE ENOCH